アラフォーで台湾語学留学した男が書く雑記

フクローブログ

Zenfone

ASUSの大盤振る舞いイベント『ZenTour年末年始大感謝祭!』でZenfone3日本版をゲットした話

投稿日:2017年1月22日 更新日:

zentour-04

台湾の大企業、ASUS社が開催している『ZenTour大感謝祭』というイベントをご存知でしょうか?

僕は開催5日前まで、まったく知りませんでした。正直に言うと、Zenfone3の知識レベルもゼロに近い状態でした。

今回、偶然が重なり参加できたのでレポートします。

実はこのイベントでZenfone3日本版を無料でゲットしたのです。

どんなイベント?

『ZenTour 年末年始大感謝祭!』は、ブログやSNSなどで発信を行うASUSファンを対象としたブロガーイベント。2016年2月〜3月に開催された『ZenTour 2016』の好評を受けて、アンコール開催されるものとなります。

http://japanese.engadget.com/2016/12/15/asus-zenfone-3/

概要はリンク先を読んでもらえるとわかりやすいです。
※開催場所は名古屋、大阪、東京。現在すべて終了しております。

ざっくり言いますと、

・抽選で20名(大阪会場の場合)の方にZenfone3をプレゼント。

・Zentourに参加しないといけない。

・ブログの場合、1,000文字以上のレビュー記事を3つ以上アップしないといけない。

こんな感じです。

この記事もASUSの方にチェックされます。

イベント参加までの経緯

12月16日(金)

同僚が所有しているZenfone5が故障。

その際、「Zenfone3に買い替えようかな」などと雑談中に、

「なんで古い端末がZenfone5やねん」

と話題に出る。

そしてググった時に僕がZenTour年末年始大感謝祭を発見し、少し気になる。

12月17日(土)

こっそり21日(水)開催の大阪会場に申し込む。

12月20日(火)

当選の連絡。開催前日なので調整に苦しむ。

12月21日(水)

なんとか参加。

 

こんな経緯で参加しました。

Androidを所有したこともなく、Zenfone3の商品知識もない人間が当選したのです。

参加する前の周りの反応

さすがに会社の人には言えませんので、家族や友人にだけ事前に伝えました。

 

驚いたことに、同じ反応が…。

・「怪しいね」

・「だまさてない?」

 

もちろんZenfone3がもらえるという部分にです。笑

ちなみに普通に購入したら43,000円ほどします。

僕自身も、当選連絡が直前であったことや、条件があるにせよ無料でZenfone3をプレゼントには少し不安になりました。

イベントに参加!

緊張の中、イベント会場へ。場所は大阪駅近くにある某貸し会議室。

開始時刻は19時です。なんとかギリギリ間に合いました。正直に言いますと抜けてきました。笑

 

現場に到着後、受付を済ませ番号札を受け取り席に座りました。

机の上にはASUSの紙袋に入ったZenfone3を確認。

 

本当にいただけるのだと確信。

 

雰囲気は研修会って感じです。みなさんおひとりでの参加なのでとても静かでした。

確か男女比率は19人中(男性17人、女性2人)でした。(1人欠席)

イベント開始!

司会のお2人(タックさんとナイトさん)の自己紹介から。

台湾企業なのでイングリッシュネームのエピソードをふまえて。

台湾通のかたはご存知かと思いますが、台湾人ってイングリッシュネームを持ってるんですよ。
※ニックネームみたなもの。公式なものではなく、自分で付けます。

だいたい本名とはかけ離れた名前なので、たまにツッコみたくなります。笑

 

冒頭、印象に残ったのは司会の方の配慮です。

やはりブロガーイベントなので、みなさん写真を撮りたいわけです。ですが、中には訳ありな人もいるわけです。

そこで司会の方が、写真の写り込みに関して注意をうながしてくださったのです。

「会社をぬけて来られた方もいらっしゃるかもしれません」みたいな。

わかってらっしゃいますね。

 

その後、ASUS社の紹介からイベントの趣旨やZenfone3の特徴などをプレゼン方式で説明してくださいました。

 

雰囲気はこんな感じです。
※僕は後方に座っていたので写真がうまく撮れませんでした。雰囲気だけ見てください。

▼iPhone6sとの手ブレ比較

zentour-12

▼スリープモードからジェスチャーでアプリを起動。すごい!

zentour-13

▼上の機能のカスタマイズ方法

zentour-09

こんな感じで約1時間弱、説明してくださいました。

iPhoneしか使ったことがない僕にはとても新鮮でした。

バレバレのサプライズ!

zentour-08

プレゼンの最後にサプライズでクリスマスプレゼント抽選会がありました!

と言いましても、入ったときからサンタの帽子とプレゼントが丸見えでしたので全員わかっていたと思います。笑

 

そしてこちらのクリスマスプレゼント、なんとハズレなし!全員に何か当たるというのです。

プレゼントは抽選方式です。受付でもらった番号札(座席番号)を使います。プレゼントは何種類かあって、商品紹介のあと司会の方がクジを引くかたちです。

 

「まずは、Bluetoothの自撮り棒をお二人の方に!これ結構いいと思うんですよねー」

まあ、1番最初だからハズレ的な商品なんだろなと。いずれにせよ自撮りしませんし。

と、頭の中で思っていたら、

 

「○番と○番(僕の番号)の方、おめでとうございます!」

 

いきなり当選してしまったのです。笑

こちら。

zentour-07

このキャラクター、禅太郎さんだそうです。

▼Zenfone ZoomのCMで動く禅太郎さんが!

動くとかわいいですね。

その他のプレゼントは外付けハードディスクやパスケースなどでした。

ほかにもお土産が!

実はまだお土産があります。

USB-Cケーブル(黒)

zentour-03

付属品で白色のケーブルも入っています。

卓上カレンダー

zentour-02

以前、Twitterでつぶやいたのですが本当にいいカレンダーです。

来年も欲しいです。販売したら買いますので是非ご検討を。

手袋

zentour-01

スマホ用手袋。

韓国旅行で活躍しました。

あ、iPhoneを使っているのがバレバレ。笑

ちなみにZenfone3には手袋モードがあるんですよ。スキー用の手袋以外は反応するんだそうです。

タッチアンドトライ

抽選会のあと、20時から21時までタッチアンドトライの時間がありました。

何かというと、今回プレゼントされた以外のASUS製品の実機をさわれるのです。

zentour-05

Zenfoneシリーズ以外には時計、小型のプロジェクターなど。

あとはPCですね。

zentour-06

僕はほとんどさわらず、色々と質問してみまた。

司会の方以外にも数名、おそらく5,6人?いらして直接質問OKだったんです。

司会のお2人はマーケティング部門で他の方はエンジニアなどだそうです。

ASUSの人に質問!

あまりにも急な参加で質問の準備よりどうやってこのイベントに参加するかが重要でした。笑

そんな中、思いついたことを質問してみました。

 

Q:応募総数は?

A:126人です。

 

Q:抽選する際、ブログはチェックされたんですか?

A:みなさんのブログやTwitterをチェックしております。

 

Q:なぜ古い端末がZenfone5で最新機種がZenfone3なのですか?

A:以前は画面サイズが型番になっていました。ですので、今後発売される機種については社内でも話題になっています。

 

Q:ブログの内容は何を書いてもいいんですか?

A:良いところ、悪いところ、改善して欲しいところをどんどん書いてください。内容にNGはありません。

 

Q:どこのSIMがおすすめですか?

A:au系(VoLTE)です。技術的に対応させるのに苦労しました。

 

その他、ケースやシートについて質問しましたが次回まとめて書く予定です。

Zentour、改善して欲しいところ

あえて書いておきます。

スケジュールに余裕を

上にも書きましたが、スケジュールがタイト過ぎます。さすがに前日に当選通知はきつかったです。

さまざまな理由があると思いますが、土日開催を希望します。

過去に当選した人、すでに所有している人は除外

参加してわかった違和感です。

プレゼンの時、確か司会の方が「過去に参加されたことある人はいないですよね?」という質問に対して、お一人いらっしゃいました。

 

あと、すでにZenfone3を所有している方もいらっしゃいました。そしてイベント時、同じ色をすでに所有しているので交換要望を出している方が。

結局、すでに所有している人同士で物々交換していました。これって、すでに所有しているやつを売却?譲渡?するのでしょうか。故障時のバックアップにもう一台かもしれませんね。

でも落選した人からすると、除外して欲しいと思うのではないでしょうか。

申込時に個人情報の記入内容に配慮を

申込時に感じた不安があります。

Googleのフォームを使われていたのですが、個人情報をすべて開示しなければいけませんでした。

名前、住所、電話番号、年齢、ブログのURLなど。

例えば、ブログのURLとハンドルネーム、TwitterのIDなどで抽選して当選後に個人情報を収集してもらえれば不安はなかったと思います。

もし落選していたら個人情報が不安になったと思います。

ここは大事なところなので是非とも改善してください。

ブログ更新の締め切りにもう少し余裕を

イベント終了後から締め切りまでが1ヶ月ちょっとです。

現在、他の方が書かれたレビューは見ないようにしていますが、1ヶ月ぐらいですとみなさん似たような内容になるのではないでしょうか。

希望としては3ヶ月ぐらい欲しかったです。

※他の方のレビューを見ていなのは内容がかぶらないようにです。

来月は見に行きます!みなさんどんな内容を書かれているか楽しみです。

今後のZenfoneに求めること

使用期間の短い僕が言うのもなんですが、現在思ったことを書いておきます。

2つあります。

防水機能

ASUSの方と雑談中「防水やFeliCaはいらないと思います」って言われていたのですが、防水は欲しいです。

これは日本人より台湾人のほとんどが欲しいと思っているはずです。理由は雨が多いから。バイク社会なので突然雨が降り出すと困るのです。

台湾人の代弁ということで。

ノイズキャンセリング

先月、SONYのハイレゾウォークマンを購入しました。

ハイレゾに興味はほとんどなく、欲しかったのはノイズキャンセリング機能です。ほとんどの乗り物で効果があります。人の声もある程度は消えます。

これがスマホに搭載されていれば最高なんですがね。

参加してみた感想

黙ってても売れる商品をわざわざ無料で配らなくてもと思うわけですが、イベントの目的としてはユーザーの声を直接聞きたいとのこと。

ユーザーの声をエンジニアにフィードバックする。そして商品を改善していくのが目的だそうです。

最近ではユーザーの声から、シャッター音の音量を調整したんですって。

 

こういったイベントの参加ははじめてだった訳ですが、参加後はASUSが気になって仕方ありません。笑

 

現在、台湾版iPhone6を使用しているのですが、この機種が故障したらどうするか日々悩んでいたところだったんです。

そんなところに舞い降りてきたZenfone3。運命を感じます。

今後はZenfone3を積極的に使ってみて、脱iPhoneができるかどうか検討してみようと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フクロー

サラリーマンを辞め、2013年〜2015年まで台湾語学留学した経験をもつ大阪在住のアラフォー男。将来は台湾の花蓮に移住予定。
台湾語学留学中のブログ▶『40歳からの台湾留学

https://hukuro-blog.com/

-Zenfone
-,

Copyright© フクローブログ , 2017 All Rights Reserved.