アラフォーで台湾語学留学した男が書く雑記

フクローブログ

Zenfone

『ZenTour大感謝祭!』の翌日、Zenfone3のケースを求めて台湾へ

投稿日:2017年1月31日 更新日:

Zenfone3-case-01

『ZenTour大感謝祭!』の翌日、僕は台湾にいました。

言い換えると、もともと決まっていた台湾旅行の前日に、急遽『ZenTour大感謝祭!』に参加させてもらった感じです。

今回は台湾でZenfone3のケースを探し、入手した話です。

この記事内にある写真は「3:2=Zenfone3、4:3=iPhone6」で撮影したものです。

台湾でケースを探したわけ

ZenTour大感謝祭にてASUSの方との雑談中に、台湾にしか売っていないケースがあるとの情報をゲットしていたのです。

それは着信や通知があればケース(カバー)の縁が光るのだそう。しかもASUS純正!

これは見てみる価値はあるなと。

あと、本国なら純正以外にも選び放題だと思ったわけです。

いざ台湾の秋葉原へ!

台北市内に台湾の秋葉原と呼ばれているところで探してみました。

まずは、濃いめのビル「光華商場」

Zenfone3-case-09

選び放題と思いきや、1店舗でだいたい2、3種類。しかも女性向けが多い感じ。

どのお店でもそんな感じでした。

 

でも焦りはありません。

ASUSの直営店があることを覚えていたので。

 

場所は「光華商場」のとなりにある「三創生活」

Zenfone3-case-08

こちらはオシャレな感じ。相変わらず入るといい匂いがします。

 

まずは、2階にあるスマホ周辺機器コーナーへ。

しかし、ここも2、3種類。

実は周辺のお店も見たのですが、本当に種類が少なかったです。

 

そう言えば、店員さんに聞くと必ずサイズを確認されました。

台湾では5.2インチのほか、5.5インチのモデルもあるんですよ。

 

そして本命のASUS直営店へ。

ところが純正のView Flip Coverはあったけど、教えてもらっていたケースはどこを探してもない…。

店員さんに聞いても「そんな商品はないですよ」と言われる始末。

確かにASUS(台湾)のサイトを見てもView Flip Coverはあるけど、教えてもらったやつはない…。

結局、見つかりませんでした。聞き間違えたのかもしれません。

 

店内をよく見てみると禅太郎さんを発見!

Zenfone3-case-04

販売されている商品だったのですね。※2016年12月末時点

実はZenTour大感謝祭のクリスマスプレゼントで当たりました。

zentour-07

使ってみると楽しいですね。

日本にはない色

店内を見ていると、Zenfone3の展示が。

Zenfone3-case-05

日本だと、白と黒の2色ですが、台湾には金色もありました。さらに水色が限定販売されていました。

少し指紋が気になりますね。

 

あと、日本だと3大キャリアでは扱っていないZenfone3ですが、台湾だと大手キャリアが扱っていました。

こちらは台湾大哥大。

Zenfone3-case-03

過去に失礼なことを…

以前のブログでASUSの直営店に対してこんな記事を書いていました。

中でも目を引いたのがASUSの店舗。

まるでAppleStore風(笑)。

什器もしっかり作ってあって見やすかったです。

どれも不思議と高級に見えます。

ほめてるのか、ディスっているのかよくわかりません。大変失礼しました。

結局、純正のケースを購入

最終的に、純正のケース「View Flip Cover」を購入しました。

Zenfone3-case-07

790元(約2,870円)でした。

Zenfone3-case-06

購入後、速攻で取り付けました。

はだかでZenfone3を使ってみましたが、これは無理かなと。確実に落とす自信があります。

ちなみに純正の保護フィルムもありますが、傷が付きにくいとのことなので、現状何も貼っていません。

使用感

このケースの円の部分は設定にある「ASUS Cover」でカスタマイズできます。テーマもたくさん用意されているのであきません。

やはり取り付けると厚みが出ますが、すぐに慣れました。 

あと気になったのが、ケースの円に対して画面の円が合っていないこと。これは自然にケースの円が画面の円に近づいていくのかな?なんて思いながら帰国したのですが、もちろん自然には解決しません。

ある日、View Flip Cover越しに適当にさわっていると、画面位置を調整できる設定を発見!

この通り、きれいに円に収まりました。

Zenfone3-case-02

余談

イベント翌日、たまたまASUSの本社前を通ったので、いただいたZenfone3で記念撮影。

Zenfone3-case-10

ASUS全社員のうち、三分の一がエンジニアだと言われていたことを思い出しました。

あとイベントで紹介されていたのですが、本社にはデザインセンターがあるのだそうです。

そこにはキッチンやリビングのセットがあって、生活空間に開発商品を置いたとき、どう見えるか研究しているのだそうです。

確かに生活空間で見るZenfone3はカッコいいんですよね。

僕はケースを付けましたけど、それでもカッコいいです。

あとがき

今月は立て続けにZenfoneのレビューを書きました。今後はiPhoneからZenfoneに乗り換えることができるのかを検証します。

本気で乗り換えたいと思っていますので。

最近、ZenWatchにも興味津々です。

iPhoneの価格=Zenfone+ZenWatchの価格ですからね。

正直、完全に移行するのは難しいかなと思うのですが、どこが足かせになるのか?の気づきを記事にしたいと思っています。

やはりスマホ2台持ちはスマートではありません。どちらか1台にしたいです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フクロー

サラリーマンを辞め、2013年〜2015年まで台湾語学留学した経験をもつ大阪在住のアラフォー男。将来は台湾の花蓮に移住予定。 台湾語学留学中のブログ▶『40歳からの台湾留学

https://hukuro-blog.com/

-Zenfone
-,

Copyright© フクローブログ , 2017 All Rights Reserved.