アラフォーで台湾語学留学した男が書く雑記

フクローブログ

台湾グルメ

台湾原住民が好んで食べる香辛料「馬告」にハマり中

投稿日:2017年6月16日 更新日:

馬告見出し

みなさん、「馬告」ってご存知ですか?

僕は去年の台湾旅行で知り、その後は台湾へ行くたびに気づけば馬告料理を探しています。

そう、完全にハマっているのです。

今回は馬告との出会いから、旅先でたまたま出会った馬告料理などを紹介していきます。

スポンサーリンク

馬告とは?

まずは発音。「ばこく」や「うまこく」ではありませんよ。

中国語で「mǎgào」です。日本人的には「マーガオ」でいいかと。

台湾原住民が好んで食べる香辛料で、どこでも手に入るものではなく原住民が住んでいる山の方に行けばある、と友人が教えてくれました。

「馬告」という字は原住民の言葉(発音)の当て字で、山胡椒が正しい名称のようですね。

味はレモンのようなさわやかな香りと山椒のような香りもあります。あと少しピリっとします。

どの原住民が好んで食べるかは後ほど

馬告との出会い

新北市の石碇区(shídìng)をドライブ中にいい匂いと共に人だかりが目に入りました。

馬告-12▲山奥の中にポツンとあります

実はここを通る前に石碇老街というところでお昼を済ませていたのですが、気になったのでUターン。

馬告-14▲店名は「石碇馬告香腸」

中国語メモ

香腸(xiāngcháng)…ソーセージ

こちらのお店、台北からバイクで1時間ぐらいです。

メニュー

馬告-15▲全部で6種類

ここではじめて馬告という文字を見たわけです。

そして台湾人の友人は一度食べてみたら?とすすめてきます。

僕は「馬はちょっと…」みたいな反応に友人は「馬は入ってないよ、原住民が好んで食べる香辛料だよ」と。

それだったらということで馬告香腸を注文。

お味は?

馬告-11▲黒いのが馬告

食べてみると独特の風味が口に広がりました。少しピリっとします。レモン山椒という言い方がぴったりかなと。

台湾でよくある「甘ったるくて味の濃いソーセージ」ではありません。例えるならタイ料理に近い味です。

馬告-13▲お店の向かいにある川を見ながら

僕はすぐに好きになりました。台湾にこんな香辛料があったのかと感動した覚えがあります。

テレビで紹介されている動画がありました。馬告香腸の製造工程も紹介されています。

馬告入りの朝ごはん

馬告を知った翌日、台北市内にいました。

朝ごはんは友人おすすめの「可蜜達炭烤吐司」というお店へ。

馬告-08KomedaではなくComida

そしたらなんとメニューに「馬告」の文字が!(偶然)

+ メニュー(クリックして下さい)

馬告-10

ですが売り切れだったのです…。

馬告-09▲お店のオススメは左側

このときはオススメの「招牌肉蛋吐司」を食べました。このレベルで馬告が入れば間違いないはず!

ということで再度台湾へ行ったときに寄ってみました。

馬告-20▲No.6のやつです

今回は運よく?あったので注文!

馬告-19「檸香馬告雞滑蛋吐司」

はじめて食べた馬告香腸よりは香りが弱めでしたが、独特の風味でまた食べたくなります。

中国語メモ

蛋(dàn)…タマゴ
吐司(tǔsī)…トースト

ちなみにNo.1の飲料「冰炭燒甘蔗鮮奶茶」もイケます。

中国語メモ

甘蔗(gānzh̀e)…サトウキビ
奶茶(nǎichá)
…ミルクティー
※「鮮」は粉ミルクではなく牛乳の意味

場所は中山区の林森北路なので行きやすいですよ。アンバサダーホテルの裏です。

馬告-21▲確かにおいしい!

追記

2017年9月に台湾へ行ったとき寄ってみたのですが、残念なことに販売終了していました。

https://twitter.com/hukuro_blog/status/920998198642167809

馬告を求めて烏來へ!

烏來-02

友人が「烏來へ行けば馬告があるよ」と。

烏來には泰雅族が多く住んでいて、馬告を好んで食べる原住民だと教えてくれたのです。

中国語メモ

烏來(wūlái) …台湾新北市の市轄区
泰雅族(tàiyǎzú)…タイヤル族

烏來-01

そんなわけで温泉入るついでに、というよりかは馬告を求めて烏來へ。

そして烏來老街へ行ってみると確かに馬告が!

馬告香腸

馬告-18▲達那ってなんでしょうね?

このお店はさらにこんなスペシャルが!

馬告-17▲馬告入りの特製ソース

もちろんソーセージの中に馬告が入っていますが、さらにこのソースを付けて食べると幸せになれます。

馬告入り鳥スープ

烏來老街を歩いていると目に飛び込んできた「馬告雞湯」の文字!

中国語メモ

雞湯(jītāng)…鳥スープ

馬告-16▲下の方にも馬告がたくさん沈んでいます

字面だけでも美味しそうな馬告雞湯。

毎日飲みたいぐらいの絶品スープでした。鳥スープと馬告は相性抜群です。

烏來で馬告は買える

馬告-07▲烏來の山中で見た看板

烏來老街を歩いていると、店頭で普通に馬告を見ることができます。

袋に入って販売されているのです。量と値段は未確認ですが、次回は買ってくる予定です。

花蓮の夜市は馬告祭り!

花蓮駅

先日、台湾の東部にある花蓮というところへ行ってきました。台北から特急で2時間ぐらいかかります。

花蓮市内には「東大門国際観光夜市」という大きな夜市があります。

東大門夜市看板▲4つの夜市が1つの場所にあるような感じ

そして自強夜市側の入り口にはこんな像が!

東大門夜市▲馬告料理がありそうな予感!

さっそく原住民一條街へ。

やっぱりありました!馬告の文字がたくさん目に入ってきます。

馬告-05▲馬告香腸

興味のある方は翻訳してみてください。

+ 馬告の紹介文

馬告-02

馬告-03▲馬告鮮魚湯に馬告山豬肉!

馬告が入った魚スープもイケそうですね。

馬告-04▲馬告炒麵刈包

夜市には2日連続で行ったのですが、こちらのお店は2日とも開いてませんでした。気になる…。

全部食べてみたかったのですが、先に夜ごはんをしっかり食べていたため馬告香腸だけ食べてみました。

馬告-22

今のところ、馬告香腸のNo1は石碇馬告香腸ですね。不便な場所なのが難点…。

次回、花蓮に行ったら全メニュー試したいと思います。

花蓮は泰雅族が多いから?

お店の人に聞いてみたのですが、泰雅族が多いからではないとのこと。

馬告-23▲花蓮六大原住民族

確かに泰雅族は入っていないですね。

花蓮では主に太魯閣族德克族が馬告を好んで食べるのだそうです。なるほど。

中国語メモ

太魯閣族(tàilǔgézú)…タロコ族
賽德克族(sàidékèzú)…セデック族

馬告入りのピーナッツ

今年の2月に台湾の友人が持ってきてくれたお土産がこちら。

馬告麻辣花生-1「麻辣桑-馬告麻辣花生」

中国語メモ

麻辣(málà)…花椒と唐辛子による中華料理の味付け
花生(huāshēng)…ピーナッツ

これは年越し用のお土産として、スーパーで箱入りで販売されていたそうです。

馬告麻辣花生-2▲唐辛子入りですが辛さはひかえめ

ちょうどいい感じの味付けですが、確実にお酒の量が増えますのでご注意を。

台湾の友人に「見つけたら買っておいて!」と頼んでいたのですが、なかなか見つからないそうです。

ですが先月、台東旅行へ行ったときに再会しました。

それがスーパーではなく、なんと誠品書店(台東故事館)にあったのです!

誠品書店台東

▲台東故事館

1袋68元(約250円)で販売してました。

このとき買い物を後回しにして、そして忘れてホテルに戻ってしまったのです…。

メーカーサイトで確認すると6袋入りBOXが420元(約1,500円)でした。

外部リンク 麻辣桑-馬告麻辣花生

あとがき

台東の誠品書店で馬告ピーナッツを買い損ねた僕は、台北駅の三越地下にある食料品売場で最後の悪あがき。

僕:「馬告もしくは馬告を使った土産モノはないですか?」

店:「無いですね…」

店員さんの顔は、

「この日本人なに言ってんの?」

って感じでした。被害妄想?(笑)。

情報求ム!

馬告-06▲花蓮県内にて

馬告を知ってから台湾旅行がさらに楽しみになりました。

もし、情報を持っている方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください。

イケてる馬告料理を探しているので、よろしくお願いします!

台湾原住民が題材の映画

上に出てきた賽德克(セデック)族ですが「セデック・バレ」という台湾映画で一躍有名になりました。

内容や描写が刺激強めな映画です。視聴にはご注意くださいね。興味のある方はあらすじを読んでからどうぞ。

泰雅族(タイヤル)族であるビビアンスーも出演していますよ。

dTV U-NEXTの有料動画配信サービスでも視聴できます。(2017年6月現在)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フクロー

サラリーマンを辞め、2013年〜2015年まで台湾語学留学した経験をもつ大阪在住のアラフォー男。将来は台湾の花蓮に移住予定。
台湾語学留学中のブログ▶『40歳からの台湾留学

https://hukuro-blog.com/

-台湾グルメ
-, , , ,

Copyright© フクローブログ , 2017 All Rights Reserved.