アラフォーで台湾語学留学した男が書く雑記

フクローブログ

台湾語学留学

【アラフォーで台湾語学留学】お悩み04「台湾人の友達ができるか心配」

投稿日:

お悩み04

年齢を重ねるごとに友達はできにくくなると思います。

ですが語学留学の場合、話は違います。

僕の経験上、日本で作るより台湾で作るほうが簡単でした。

みんなどうやって台湾人と知り合ってるの?

言語交換

台北の語学学校は大学のキャンパス内にあるところが多く、掲示板で募集を見て相手を探すスタイルです。

ちなみに僕が通っていた学校は、大学構内ではありませんでした。掲示板はありましたが、言語交換の募集はほとんど見ませんでしたね。

ですので、わざわざ別の大学まで行って探している人がいました。

SNS

当時、facebookやTwitterで知り合ってるよと教えてくれた人がいたんですが、正直意味がわかりませんでした。

現在、なんとなくわかります。若い人が多かったですが。

交流会

日本人と台湾人の交流会があるらしく、参加しているクラスメートがいました。老若男女さまざまな人がいて、集まっておしゃべりしているそうです。

クラブ

踊るほうです。行く人、行かない人、きっぱり分かれてましたね。目的は友達探しではないですし、あまりいい話は聞きません。

警察による抜き打ち検査があったりするみたいですよ。ま、そういう場所ってことですね。

 

 

この4つは、語学学校で知り合った人から聞いたものものです。

他には、ルームシェア、バイト先なども聞いたことがあります。

そして実際に台湾人と知り合えたというのです。

最後のクラブはお勧めしませんが、つるめる友人(同性の)ができたそうですよ。

 

ちなみに上の4つですが、僕はどれも該当しません。

 

言語交換…自分のことで精一杯で、人に教えるとか無理でした。そもそも続ける自信がないですね。これもいい話を聞きません。すっぽかされたり、準備してこないなど。笑

SNS…今もですがfacebookをやってません。台湾ではやっていないというと「えっ?」て言われます。やっていると出会いは増えるのかな?

交流会…人が大勢集まるところが苦手なんです。日本人同士で余ることもあるらしく、積極性が必要とクラスメートが言ってました。聞いてるだけで疲れますね。

クラブ…そんなところに出入りする年齢ではございません。たとえ年齢が若かったとしても苦手な場所です。

 

難易度的には、交流会=言語交換>SNSかなと個人的に思います。

若い人ほどSNSを多用している印象を受けました。

僕が台湾人と知り合った方法

ここで僕が台湾人と知り合った方法を書いておきます。

以前、台湾で行われた日本人のライブに参加したときに、隣に座っていた台湾人に話しかけられたのがきっかけでした。

相手が日本語を使えたのでコミュニケーションはまったく問題ありません。

やはり、同じ趣味趣向な人とは仲良くなりやすいですね。

 

その後は友達が友達を紹介してくれたり、家族に紹介されたりと広がっていったわけです。

書いておきながらなんですが、僕はこの紹介されるパターンがとても苦手なんです。笑

だいたい事前に教えてくれないので、現場であせってしまいます。気疲れしますしね。

そもそも、友達の友達って他人じゃないですか。笑

でも台湾では、友達の友達は友達の思想が強い人が多いと感じました。

次第に慣れましたけどね。

 

その他、留学中はさまざまな場所で知り合いが増えました。

スタバ、飲食店、電車の中、温泉、散歩中など。どこで出会いがあるかわかりませんよ。

知り合いを作るのは難しくない

1人、台湾人と知り合えば意外と簡単に広がっていくと思います。

僕が思うところ、難易度的には

 

恋人>親友>友達>知り合い

 

こんな感じかと。

なんらかのきっかけで知り合って1人友達ができると、自然と知り合いが増えるはずです。

 

そこから親友になれる人がいれば最高ですね。

親友…互いに信頼しあっている友達。きわめて仲のよい友達。

 

 

上で書いた恋人は余計でしたが、実はそれを狙ってる女性が本当に多かった。笑

これは日本人に限らず他の国の女性もです。しかも派手目な人より大人しそうな人ほど彼氏探しに一生懸命。

何度紹介してと頼まれたことか。

 

人それぞれですが、まずは知り合い〜友達探しをオススメします。

台湾人の友だちができないパターン

いつも日本同士でつるんでいる。

僕の経験上、1人でいる時のほうが出会いが多かったです。

出かけない。

学校が終わって、家に戻ってから外に出ない。さいあく、翌日まで外に出ない。

 

1人で出かけたときほど、出会いの機会が増えると思います。せっかく外国にいるのだから、家にずっといるのはもったいないですよ。

留学したからには現地の友達を作って帰国する

最後に言いたいことはこれです。

中国語は半年、1年でどうにかなるものじゃないです。

ゼロから台湾に行ったとすると尚更です。おそらく自分が思っていたレベルに到達することなく帰国するはずです。

だからこそ、現地の友達を作ることが大事なんです。

 

帰国しても台湾人の友達がいれば、それだけで中国語のレベルを上げなければと思うはずです。逆に使わないでいるとすぐに忘れるでしょう。

 

いろいろと書きましたが、台湾語学留学という環境は友達を作りやすい環境にあると思います。

親日な国ですし、向こうから話しかけてきてくれることも多いんですよ。ですので知り合いを増やすことは、そう難しくないはずです。

そしてこの人は!と思った人には積極的にいって、知り合いから友達になれるようにする。

変な人もいますので(笑)、見極めは大切ですよ。

 

人付き合いがあまり得意でない僕が言うのだから、間違ってないはずです。アラフォーのおっさんでもできたので、心配しなくて大丈夫ですよ。

ぜひ友達を作って帰国してください。

 

その他の「お悩み」はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フクロー

サラリーマンを辞め、2013年〜2015年まで台湾語学留学した経験をもつ大阪在住のアラフォー男。将来は台湾の花蓮に移住予定。
台湾語学留学中のブログ▶『40歳からの台湾留学

https://hukuro-blog.com/

-台湾語学留学
-,

Copyright© フクローブログ , 2017 All Rights Reserved.