アラフォーで台湾語学留学した男が書く雑記

フクローブログ

台湾語学留学

【アラフォーで台湾語学留学】お悩み03「留学にパソコンは必要ですか?」

投稿日:2016年7月1日 更新日:

お悩み03

第3回目は、「留学にパソコンは必要ですか?」です。

男性は当然と思っていても女性は悩まれていることがあります。まさにこの問題です。実はよくいただく質問で、最近もいただきました。

実際、台湾にパソコンを持ってきていない人もいました(ほとんどが女性)。荷物の加減や予算など、なんらかの理由があるかと思います。

ですが先に結論を言っておきますと、持って行ったほうがいいですよ。

授業にパソコンは必要?

ゼロからスタートした場合、2期目もしくは3期目の授業からPowerPointを使ったプレゼンの課題があります。

どんな課題かというと、例えば自分の国を紹介するとか。それをPowerPointを使用してクラス内で発表するわけです。

※PowerPointは簡単にいうと電子紙芝居みたいなものです。自分で文字や写真、イラストなどを使って作成したものを、ぺらぺらめくりながらしゃべるといった感じです。

あと、僕の通っていた学校の話ですが、パソコン(インターネット)を使った学校オリジナルの聴力テストがありました。

オンラインテストみたいなやつです。1週間に1課題あり、かなり苦痛でしたね。笑

ほとんどの学校では自習室にパソコンが置いてあるので、そこで使用するのも1つの方法です。

では、持っていかなくていい?

学校のパソコンではできないことがあります。

これはiPhoneでの話ですが、教科書に付属している中国語のCDをiTunesを使って移すことができません。

ここで自分のパソコンが必要になるわけです。

最近のパソコンはCD-ROMドライブが付いていないモデルがあるので注意が必要ですよ。

パソコンを持ってきてない人は中国語のCDを聴いていません。聴くすべがないんですよ。だから聴き取りテストの結果が悲惨です。

本人も「聴いてないから仕方ない」と認めていました。

 

iPhoneのことでもう1つ加えると、パソコンがあればiPhoneをまるごとバックアップできます。

iCloudですと5GBまでですが、パソコンなら容量無制限です。

台湾滞在中は写真の量が増えるのでパソコンで管理したほうがラクですよ。

Google Driveなどは便利だと思いますが、なんでもかんでもクラウドに保存は怖いです。特に写真は。

僕が台湾へ持って行ったパソコンを紹介

ここで僕が実際台湾へ持って行ったモノを紹介します。

まずはパソコン。

留学ちょっと前に日本でMacBook Air(13インチの薄型ノートPC)を購入しています。

※参考に2015年モデル。

以前使用していたiMac(デスクトップPC)を売却して購入しました。

 

上にも書いた件ですが、このMacBook AirにはCD-ROMドライブが付いていません。

ですのでUSB外付けドライブと、合わせてバックアップ用にポータブルUSBハードディスクも購入しました。

この3点を台湾に持って行きました。

 

あと1つあります。

MacBook AirにAppleCareという3年間の保証を付けました。

これはざっくり言うと自然故障時の保証と電話サポートが付いているのです。

台湾でも保証が受けられます。

ただし、現地なので中国語

台湾滞在中は日本のサポートを受けることができないんです。

結局、滞在中は一度も壊れませんでした。だいたい保険をかけたモノほど壊れないですね。笑

パソコンにPowerPointが入っていない?

Windowパソコンでも元々Office(Excel、Word、PowerPoint等)が入っていないことがあります。

Macなら絶対入っていません。※最近のMacにはKeynoteというプレゼンアプリが入っています。

でも大丈夫です。Microsoft OneDrive(無料)のなかにあるPowerPoint Onlineで作成できます。

インターネットのブラウザ(Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari、Chrome等)で動作します。※インターネットの環境が必要です。

参考 Microsoft OneDrive

学校でのプレゼンの方法は、

  • 教師用パソコンでログインさせてもらう
  • 作成したデータをパソコンにダウンロードして教師宛にメールで送る
  • 同様にダウンロードしたデータをUSBメモリに保存

などがあります。

台湾でパソコンを購入するかも…

こんな質問もありました。

理由は安いからだそうですが、そんなに変わらないと思いますよ。

それより本当に台湾のパソコンを買うのですか?

キーボードの配列違いますよー。

台湾のキーボード

アルファベットは共通ですけど、まわりのボタンが微妙に違います。

そして、ひらがなの刻印じゃなくてボポモフォ。本来ひらがなの刻印があるところは「金、女、月」とか意味不明です。

なによりOSが中国語ですよ。電源を入れたら中国語ってことです。

実際、最近のWindowはバージョンによって、表示方法を他の言語に変更することができます。

ですが、中国語のシステムを日本語表示に切り替えるところまで行き着けますか?

Macも同様です。日本から持って行ったほうがラクですよ。

台湾でパソコンをインターネットに接続する方法は?

「台湾でパソコンを購入してインターネットの設定をしてもらいたい」という質問を受けたことがあります。これは日本的な発想かもしれません。

少し難しい話をします。

そもそも賃貸のアパートやマンション、寮などではインターネットが整備されているところがほとんどです。

僕が通っていた学校では無料のWi-Fi、住んでいたアパートには部屋にLANの接続口(インターネット接続可能)がありました。

Wi-Fiがあるところでは、接続先(SSID)とパスワードだけあればインターネットに接続できます。

インターネットの環境に関しては、あまり困ることはないでしょう。

ですが、パソコンにLANポート、無線LANがあるかの確認は必要です。

最近のパソコンですと無線LANは必ず搭載されていますが、LANポートは搭載されていないことが多いです。

実際、僕が住んでいたアパートは無線LAN(Wi-Fi)がなく、壁にLANの接続口が付いていただけです。※物件によります。

この環境ですと、MacBook Air単体でインターネットに接続することができません。

MacBook Airには無線LANはありますがLANポートがありません。

対策は、パソコンにLANポートを付けるか、部屋のLANの接続口に無線LANルーター(アクセスポイント)を設置するしかありません。

当時、現地で購入したのがこちら。

Apple純正USB→LAN

USBをLANポートに変換できる商品です。

あとLANケーブルも必要ですよ。僕はなぜかLANケーブルを日本から持って行ってました。基本的にケーブルを挿せばインターネットに接続できます。特に設定は必要ありません。

その後、友人が使っていない無線ルーターをもらったので部屋を無線化できました。こちらは設定が必要になります。ネットワークの知識がないとちょっときびしいかも。

ちなみにルーターの設定画面は中国語でした…。これが一番難しい。笑

やはりちょっと難しい話でしたね。

その他、持って行ったほうがいい理由

やはりスマホ1台だけだと、できることが限られると思います。

例えば、もし現地でスマホが故障したらどうします?修理している間、パソコンがあればしのげますよ。

実際僕は現地でiPhoneを修理に出している間、パソコンがあったおかげで助かりました。

パソコン(Mac)でLINE、メール、FaceTimeでの通話ができたことが大きいです。

余談になってきますが、もしかしたらブログを書きはじめるかもしれませんよ。笑

僕は留学して1年後から書きはじめました。パソコンがなかったら書いてないですね。

なにかを調べるとき、スマホよりパソコンのブラウザのほうが作業がはかどります。

 

あとはネットでお仕事する場合ですね。

留学するとわかりますが、フリーランスと名乗る人が日本人に限らず多いです。海外にいながらにして、ネットを使ってお仕事をされています。

日本人が使っているのはクラウドソーシングのサービスが多かったです。

どちらもすべてネットで完了できるお仕事です。※海外でも可能ですが、報酬は日本の銀行に振り込まれます。

Webデザイン、ライターなどさまざまなお仕事があります。中国語の翻訳なんてのもありますよ。

ご自身のスキルが合えば、副収入になる可能性が高いです。1円でも収入があれば台湾でフリーランスと名乗れますしね。

ですが、あまり安い仕事はオススメしません。時間がかかるのに低単価な仕事などは、わざわざ台湾に来てまでする必要はないでしょう。

仕事内容は見極めてください。

結論

冒頭にもお伝えしました通り、持って行ったほうがいいです。

長期留学(1年〜)を考えられている人は特にあったほうがいいと思いますよ。

別に最新のパソコンでなくても大丈夫なので、一度検討してみてください。

あまり年数が経っているものはどうかと思います。購入して5年以内が目安かなと。5年以上になってくると故障率がぐんっと上がりますから。

 

もし購入される人は海外でも保証を受けられるメーカーで探してみてはいかがでしょうか。

Apple製品は大丈夫です。Wndowsですと、富士通は大丈夫ですね。

 

それではまた。

その他の「お悩み」はこちら

こちらの記事もどうぞ

1. iPhoneやMacで中国語(繁体字、簡体字)や声調符号を打てるようにする方法と注意点

2. 中国語学習に最も必要な道具は「ボイスレコーダー」かもしれない件

3. 経験者が語る「台湾語学留学前に日本でやっておいた方が良かったと思う」たった一つのこと

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フクロー

サラリーマンを辞め、2013年〜2015年まで台湾語学留学した経験をもつ大阪在住のアラフォー男。将来は台湾の花蓮に移住予定。
台湾語学留学中のブログ▶『40歳からの台湾留学

https://hukuro-blog.com/

-台湾語学留学
-,

Copyright© フクローブログ , 2017 All Rights Reserved.