アラフォーで台湾語学留学した男が書く雑記

フクローブログ

旅行

台湾人も、ついでに大阪人も大満足!大阪周遊パスを使って1日遊び倒してみた

投稿日:2016年6月1日 更新日:

道頓堀看板01

先日、台湾人の友人が大阪に遊びにきました。

はじめての大阪ということでどこを案内しても良かったのですが、自分自身ベタな観光スポットほど行ったことない事実に今さら気付きました。

そこで地下鉄で見た広告、「大阪周遊パス」を思い出して、今回は予備知識なしで使ってみたのです。

そしたら想像以上にいろんな場所へ行けて、そしておトクに楽しめたんです。

台湾人も、そして大阪人の僕も大満足のパスだったので紹介したいと思います。

2016年5月現在の情報です。

大阪周遊パスとは?

ざっくり言いますと、カード乗車券(フリーチケット)と、クーポン付きガイドブック(観光スポットの入場券や割引クーポン)が付いたパスです。

1日券が2,300円、2日券は3,000円です。

大きな違いはカード乗車券。どちらとも地下鉄+ニュートラム+市バスに乗車可能ですしかし1日券のみ私鉄(指定範囲内)も利用可能なのです(JRは利用不可)。

そして今回は1日券を使って遊んできました。

ベタな観光スポット、例えば通天閣や大阪城、そのほか遊覧船やスーパー銭湯などの無料入場券が付いていました。

いくら無料でも、とても1日でまわれる量ではありません。詳細は公式サイトで。

公式サイト 大阪周遊パス

購入場所は?

今回は、梅田駅の定期売り場となりにある窓口で購入しました。

こちらのガイド、日本語版以外にも台湾人向けの中国語版(繁体字)もあります。

大阪周遊パス繁体字版

真ん中の「從早到晚〜」が台湾フォント!芸が細かいですねー。

 

それでは、行った順に紹介していきます。

どれぐらいおトクかわかるように、通常入場料も合わせて書いておきますね。

1.梅田スカイビル空中庭園展望台 @800円

梅田スカイビル01

こちらの展望台、外国人に人気のスポットだそうです。僕は低層階にある映画館しか行ったことなかったです。

大阪駅からスカイビルまでは地下通路を歩かないといけないのが難点。※大阪駅から展望台に上がるまで15〜20分ぐらいかかります。

ゴールデンウィーク中でしたが、平日だったため人は少なめ。

梅田スカイビル02

少し曇っていましたが、眺めは最高!

受付の人に聞いたのですが、夜の方が人気で混むそうですよ。

2.大阪市立科学館 @400円

大阪市立科学館

友人が行ってみたいということで寄ってみました。小学生が社会見学に行くようなところです。

現地ではまさに小学生の団体を重なり、騒がしかった印象しか残ってません。友人は楽しんでいたので良かったのかなと。笑

ここにはプラネタリウムもありますが別料金です。以前行ったことがありますが、途中で寝てしまいました。

3.とんぼりリバークルーズ 予約

とんぼりリバークルーズ01

日中でも少し混んでいました。こちらは先に時間を決めてチケットを取っておかないといけません。

店員さんによると、夜の方がオススメということで夜の分で予約して退散。

4.上方浮世絵館 休館日

上方浮世絵館

今回このパスを使用したのは月曜日だったんです。

月曜日は休館日が多いので、事前にチェックしておいたほうがいいかも。

そもそも存在すら知らなかった浮世絵館。友人は残念がってました。ちなみに入場料は500円です。

5.道頓堀ZAZA @500円

道頓堀ZAZA

30分のお笑いライブです。たこ焼き持ち込み可。

若手芸人さんが4組出ていたのですが、さっき入口付近で呼び込みをしていた人たちでした。

芸人さんがネタにしてましたが、このパスを使ってたまに中国人が入ってくるんですって。

「そんで何言ってるかわからんから、すぐに出て行くんですよー」って言ってた矢先、本当に中国人のグループが入ってきて3分で出て行きました。

早口の関西弁は、僕の友人にも不評でした。そりゃそうですね。笑

6.大阪くらしの今昔館 @600円

大阪くらしの今昔館01

天六の駅直結のビル9階に、江戸時代の大阪が再現されています。まったく知りませんでした。

現地で感じたのは外国人率の高さ。日本語が聞こえなかったです。

この中で人気なのがこちら。

大阪くらしの今昔館02

有料ですが、着物を着てこの施設内を散歩できます。

大阪市内で、しかも建物の中で京都っぽいことができるわけです。ですが、すごい人気で1時間待ちでした。

ここで一つ、友人から指摘が。「この案内、簡体字がない」と。確かにこのパターンは見ませんね。

街中で見る案内表示のほとんどが簡体字で、たまに並列で繁体字があるぐらいです。

7.天保山大観覧車 @800円

天保山大観覧車02

なかなか高いんです。

ですが、先に梅田のスカイビルに登っていたので既視感が。笑

天保山大観覧車01

真下が海なので、けっこう怖いです。

そうそう、実はスケルトンタイプもあるんです。この日は30分待ちでした。

けど、スルーです。

以前、台湾でスケルトンタイプの観覧車に乗って怖い思いをしたので、2度と乗りたくないんです。友人も同意。

▼台湾(台北市内)「美麗華百樂園」の観覧車

IMG_5198

猫空のロープウェーとは別格でした。椅子の部分まで透けているんです。震えますよ。笑

8.サンタマリア デイクルーズ @1,600円

サンタマリアデイクルーズ01

この日の最終便に乗れました。17時の便です。

大阪港周辺を約45分周遊してくれます。

サンタマリアデイクルーズ02

船上は、ほぼ外国人です。風がすごくて少し寒かったです。日差しも強いので、女性の方は対策を。

じつは夜(トワイライトクルーズ)もあるんですが、特定の期間しか乗れませんでした。

9.通天閣 @700円

通天閣01

大阪人なんですが、登ったことないんです。ついでに台北101も。

なんとなく、いつでも登れるでしょ的な感覚でここまできました。それより、この辺に用がない。笑

(ちなみに恵美須町駅側から向かうといろんな意味でマシだと思います。)

中へ入ると繁体字のパンフレット!

通天閣02

そして、ついにビリケンと対面!

ビリケン

意外と小さいんですんね。

サンセットを狙って入りました。ちょうどいい時間帯で夜景も楽しめました。

通天閣03

向かいにあるノッポなビルが近鉄デパートが入っているルシアス。ここもいつか登ろうと思っているだけですが。相当高いんでしょうね。

10.とんぼりリバークルーズ @900円

とんぼりリバークルーズ02

予約していたので、戻ってきました。

以前からこの船の存在は知ってましたが、まさか自分が乗るとは。笑

そもそも、どこでUターンしてるんだという疑問が。

まずは日本橋へ向けて進むんですが、まさに日本橋の橋の下でUターンします。

そして桜橋方面へ。

道頓堀看板02

湊町リバープレイスを越えたあたりでUターンして戻ってきます。

船上には日本人はいなかったはずなんですが、案内役の人は日本語と、たまに英語をまぜて案内してました。

見慣れた風景なはずですが、船から見ると新鮮でした。

14.HEP FIVE観覧車 @500円

HEP FIVE観覧車

この建物に入ったのは何十年ぶりでしょう。

この観覧車も乗ったことがありませんでした。外から見た感じ、低く見えるんですよね。

ですが、乗ったらけっこう高いことに気づきました。

夜の観覧車も人生初でした。夜景がとてもキレイでした。これはけっこういいですね。オススメ!ってみなさんご存知ですよね。

もしかすると、名古屋栄の観覧車も乗ってみると違うのかな。笑

13.なにわの湯 @800円

〆は温泉です。場所は天六でパチンコ屋の上にありました。こんな場所に温泉があったとは驚きです。

残念なことは、夜遅いのに人が多かったことです。この日周ったなかで一番人が多かったかも。ゴールデンウィーク中だから仕方ないですね。

それでも疲れた身体に温泉はいいですね!友人も満足してました。

そういえば、外国人率は低く感じました。この温泉と、道頓堀ZAZAだけは日本人率が高いなと感じました。

そうそう、この温泉、二つ注意がありますよ!

タオルが付いていなことと、タトゥーが入っていると入れません。

日本ではタトゥーがあると入場できないことは常識ですが、外国人は知らない可能性があります。

特に台湾人に対しては、注意してあげた方がいいかもしれません。

脱いだら入れてたのねって話は台湾では珍しくないです。顔や見えている部分だけで判断すると裏切られるかも。笑

わからない仲なら、事前に聞いてあげた方がいいでしょう。

 

と、いうことで大阪周遊パスを使った場所は以上になります。

まとめ

一日中(11時から24時まで)大阪を連れ回したわけですが、友人は満足してくれました。

実は前日に京都観光してて、歩き過ぎてぐったりしてたんです。予定では軽く周るつもりが夜遅くまで遊んで、さらに疲れさせてしまいました。笑

ちなみに効率を考えて周っていません。心斎橋や天六は2回も行ってます。それでも大阪市内の地下鉄なんで、移動時間もしれています。思いつきで行動しても大丈夫かなと。

移動時間が休憩時間にもなりますしね。

ちなみに友人に「どこが一番おもしろかった?」と聞いてみると、「通天閣」ですって。ビリケンがお気に入りのようです。

僕は「HEP FIVEの観覧車」です。何十年と心の中で小馬鹿にしてた乗り物だったので。僕が20代前半の時に、すっごい行列で大人気だったことを思い出しました。

まさか、こんなおっさんになってから、しかも台湾人と乗るとは夢にも思いませんでした。笑

そういえば「大阪城」に連れていかなかったことがクレームになっております。後回しにして忘れてました。笑

どれぐらいおトク?

最後にせこい話ですが、このパスを使ったらいくら安くなったかという計算をしてみました。

電車賃:800円(フリーパス)※土日は600円
入場料合計:7,600円
合わせて、8,400円。

大阪周遊パスが2,300円です。
(電車賃分の800円を引くと1,500円

7,600円−1,500円=6,100円

ということで、約6,000円ほどおトクになりました。

ま、計算しなくてもすぐに元が取れるパスですけどね。

なにより、パス一つで電車に乗り降りしたり各スポットの入場券にできるのは、旅行者に取って大変便利です。

そして、この浮いたお金で美味しいものを食べに連れていってあげれば、完璧じゃないでしょうか。

公式サイト 大阪周遊パス

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フクロー

サラリーマンを辞め、2013年〜2015年まで台湾語学留学した経験をもつ大阪在住のアラフォー男。将来は台湾の花蓮に移住予定。 台湾語学留学中のブログ▶『40歳からの台湾留学

https://hukuro-blog.com/

-旅行
-,

Copyright© フクローブログ , 2017 All Rights Reserved.