アラフォーで台湾語学留学した男が書く雑記

フクローブログ

生活雑記

同じエレベーターに三度も閉じ込められたことから得た教訓

投稿日:2016年2月12日 更新日:

Elevator01

僕は人生で3度もエレベーターに閉じ込められた経験があります。しかも同じエレベーターで。

一度目

近所のコンビニからもどってきてエレベーターに乗ったところ、事件は起こりました。

自分のフロアに到着したのにドアが開きません。乗っているのは僕1人だけです。

厳密にいうと、開こうとしているんですが「3センチぐらいほど開いては閉じて」を繰り返すのです。

 

これが20秒ぐらい続いたあと、動悸が激しくなってきました。

 

この状況になってはじめて気づいたんですが、閉じ込められるってとんでもない恐怖なんです。

パニックになりそうな感じ。なってたかもしれません。

Elevator02

冷静になって、まずは非常ボタンを押し続けました。

しかし誰も応答してくれない…。

実はことのとき、スマホを持っておらず外部に電話することができなかったんです。

この時点で完全にパニックですよ。動悸プラス変な汗。

 

状況は変わらず、ドアが開きません。

そういうときって変な想像ばかりしてしまうんですよね。

このまま誰にも気づかれない?

このまま落下してしまうんでは?とか。

ちなみに停止したのが9階だったので、落下したらと思うとめちゃくちゃ怖かったですよ。

 

このとき、コンビニで買っていた物はすべて食料です。

こちら。

  • 冷凍の鍋焼きうどん
  • 豆乳
  • からあげクン

助け出されたとき、若干恥ずかしい内容です。

 

それより長時間閉じ込められた場合、生き延びれないな、などと想像してました。

いま思えば大げさですけどね。

 

閉じ込められてから3分。状況は変わりません。

幸い、フロアには到着していたのでドアが開けば脱出できるわけです。

これがもしもですよ、フロアとフロアの間とかだったら即パニックになったと思います。

 

試しに自分で開けるか試したんですけど、まったく動かないんです。ずっと3センチぐらい開いたり閉じたりの繰り返し。

その開いたときをねらって無理に開こうとするんですが、3センチ以上は開かないんですね。手がはさまりそうになり、実はとても危なかったんです。

 

時間が経つにつれ、あせってきます。

 

もう自力で開くしかないって思い、何度も何度も同じことを試していると、

なんと突然開いたんです。

 

すぐに飛び出しました。

 

結局、約5分間ほど閉じ込められました。

大げさかもしれないけど、5分が1時間ぐらいに感じました。

脱出できたときの気持ちは忘れられません。閉じ込められた人にしかこの気持ちはわからないでしょう。

管理会社へ連絡

あまりの恐怖から、真っ先にマンションの管理会社へ連絡。

まずは非常ボタンのことを聞いてみました。

僕:「さっきエレベーターに閉じ込められたんですけど、非常ボタンってどこにつながってるんですか?」

管:「エレベーターの保守会社です」

僕:「誰も出ませんでしたけど。とにかく開かなかったんで検査してください」

その後、1週間ほどはエレベーターには乗れませんでした。階段で9階まで登るのは相当つらかったです。笑

特に仕事帰りはヘトヘトになりました。

二度目

そろそろ大丈夫かと思い、仕事から帰ってきたときにエレベーターに乗ってみたところ、また悪夢が起こりました。

まさかの、また開かないんです。

しかしですね、2回目です。現象は同じなので前の要領で自力で開けようとがんばってみたのですが、開かない。何度やっても開かない。

でも今回はスマホがありました。

その場でエレベーター内に記載されている保守会社へ電話をしました。

僕:「今エレベーターに閉じ込められています」

保:「それではこれから向かいます」

僕:「どれぐらいかかりますか?」

保:「1時間ぐらいです」

 

…無理。

なんとかして脱出したい。

 

再度、自力で脱出をこころみたところ、また開いてくれました。

翌日、マンションの管理会社へ連絡して「また開かなかったよ!」と報告しました。

ですが、エレベーターの保守会社いわく、「2回検査したけど異常なし」とのことでした。

三度目

異常なしの報告を受けたこともあり、3日ぐらい経ってから仕事帰りに乗ったみたところ、なんとまた同じ現象が起こったのです。

ここまで来ると、もうパニックにはなりませんよ。

二度あることは三度ある?

もうどこにも電話しません。自力で脱出することだけに専念します。

何度かやっていると開いてくれました。さすがにこのパターンは慣れましたよ。

仏の顔も三度まで

さすがに怒りますよ。エレベーターの保守会社に直接電話しました。

僕:「さっきまた閉じ込められましたよっ」

保:「2回検査しましたが、異常はありませんでした」

僕:「いや、異常ありますよ。3回も閉じ込められてるんですよっ」

保:「わかりました、再度検査します」

原因は「砂」

翌日、保守会社の人が直接部屋まで来て、謝罪と報告がありました。

エレベーターのドアのすきまに砂がたまって、センサーが反応して誤動作していたそうです。

実は当時住んでいたマンションは、エレベーターのとなりに吹き抜けの庭があって観葉植物がありました。雨や風がもろに当たる設計だったんです。

そんな環境だったんで砂が入って、さらに蓄積されて今回の現象になったとのことです。

ちなみにエレベーターの非常ボタンはマンションの管理室につながっていると、教えてくれました。

ただし、そこは人が入るところではなく、ただの倉庫だというのです。

僕はただの倉庫にSOSを出していたわけです。むなしくなりました。

エレベーター内の非常ボタンはまったく意味がないってことがわかりました。
※当時住んでいたマンションでの話で、常駐の管理人がいないタイプということです。

貴重な教訓を得たつもり…

3度閉じ込めらた経験があると、目線や行動が変わりました。

はじめて乗るエレベーターは自然と緊急連絡先を確認します

そしてエレベーターのメーカー。

以前、事故を起こして有名になったメーカーではないか?なども気になるのでチェックします。特に雑居ビルが怖いですね。

あと、低層階へ行くならエレベーターに乗らなくなりました。4、5階ぐらいが目安かな。その時の体力次第です。

そうそう、エレベーターに乗るときはスマホを絶対に携帯するようになりました。ゴミを捨てに行くときもです。

ただし、エレベーター内って電波が届きにくいところが多いんですよね。

あとがき

このエピソードは約3年前のものです。僕はその1年後、台湾で2年住んでいます。

台湾で部屋探しをしたとき、とにかくアパートを探しました。
※台湾では5階以上になると、基本的にエレベーターが設置してありマンション扱いになります。

もしもですよ、中国語がわからない人間がエレベーターに閉じ込められたらどうなりますか?って話です。

地震で閉じ込められる可能性のほうが高いかもしれません。台湾は日本と同じで地震が多い国なんですよ。

想像しただけでも恐ろしいですね。

でも理解者はいない

実は、いま住んでいるマンションのエレベーターの両サイドには、庭があって観葉植物があります。以前住んでいたところと同じような設計です。

気になって仕方なかったんで、家族に以前のエピソードを話してみたところ、

 

「神経質かっ」

 

で終わりました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

フクロー

サラリーマンを辞め、2013年〜2015年まで台湾語学留学した経験をもつ大阪在住のアラフォー男。将来は台湾の花蓮に移住予定。
台湾語学留学中のブログ▶『40歳からの台湾留学

https://hukuro-blog.com/

-生活雑記
-

Copyright© フクローブログ , 2017 All Rights Reserved.